「ブランドに着せられている」と呼ばれる原因

あなたは「ブランドに着せられているね」と言われたことや感じたことはありませんか?
なぜそのように感じてしまうのか、その心理や理由を解説していきます。

原因1:ただの嫉妬

この場合のブランド品は大抵、高額なブランド品を指すことが多いです。
同じブランド品でも一般的に手が出しにくい高額なものでなければ
ブランドに着せられていると指摘されることはあまりありません。

ではなぜ高額ブランド品を身に纏うと指摘されるのかと言えば、
単純に嫉妬の場合がほとんどです。
自分が普段の生活では中々手が出しにくいようなブランド品を自慢げに身につけている人を見れば、
生活水準の差を見せつけられたような気がして嫉妬してしまうのです。

・彼らのいうブランドものとは高額なブランド品を指すことが多い
・同じブランド品でも一般的に手が出しにくい高額なものでなければ指摘されない傾向にある

原因2:上手く着こなせていない

これも非常に多いです。
高額ブランド品を上手くファッションとして取り入れるにはセンスがなければ、ただの嫌味のようになってしまいます。

「使っているブランドはかなり良いものなのに、あの人には勿体無いよね」とは思われたくないですよね。

原因3:各ブランドの代表的なアイテムばかり着用している

高額ブランドには大抵、「このブランドといえばこのアイテム!」というものが存在し、
そればかり着ているとブランドに着せられている感が強く出る傾向にあります。

例えばルイヴィトンだと財布が有名ですよね。
あの模様の財布を見れば詳しくない人でも「あ、ルイヴィトンだ」と分かります。
そのようなアイテムをトップス、アウター、パンツなどに存分に取り入れていれば、全体がかなりギラついてしまいます。

「ブランドに着せられている」と言われないようにする対処法

様々な原因を見てきましたが、
どうすれば「ブランドに着せられている」といわれずに済むのでしょうか。
いくつか対処法をご紹介します。

対処法その1:高額なブランド物を小物アイテムのみに抑える

腕時計やカバン、財布などの長期愛用するアイテムの場合は高額ブランドのものでも毛嫌いされることはほとんどありません。
ですが、ブランド名が大きく書かれたトップスやアウター、パンツなどはそこまで高額でないものにするか、
1アイテムのみに抑えると良いでしょう。

対処法その2:古着などに挑戦してみる

古着の中にはブランドはよく分からないけどかなりオシャレなものがたくさんあります。
古着やさんで見つけたものは例え高額ブランド品であってもマイナーなものが多いので
着ていてもギラギラすることはありません。

個性も出せるので他人とあまり被らず、たまにかなり良質な掘り出し物を見つけられることもあるのでオススメです。

対処法その3:パンツ、トップス、アウターいずれか1つに高額ブランド物を絞る

先ほども少し触れましたが、身に纏う高額ブランドは1つに絞った方がバランスがいいです。
どれもこれも高級品では逆に個性のつぶし合いになってしまい、
ブランドの良さが活かしきれないパターンが多々あります。

おわりに

いかがだったでしょうか。

せっかく良質なアイテムを使用するなら、オシャレだと思われたいですよね。
ファッション性を考慮しつつ」バランスよく高額ブランド品を取り入れれば、
かなりレベルの高いコーディネートになります。