ファッションに興味を持つようになると、普通すぎるコーデ、
いわゆる『量産型ファッション』を避けたがる傾向があります。

これはとても素晴らしい事なのですが、
ここで方向性を間違うとただの奇抜なファッションになってしまいます。
もちろんあえて奇抜さを追求したい方はOKですが、
あくまで「オシャレだねと言われたい」「女性からモテたい」という考えなのであれば注意が必要です。

そこで、奇抜さを避けてオシャレなコーデを組む上で重要な3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:使用する色は全身で3色にする

派手好きな人は様々なカラーを取り入れたがりますが、
これはNGです。あくまで全身で3色までに抑えましょう。

例えば、黒スキニー、白シャツ、赤い腕時計などです。

基本的に主張の少ないモノトーン系や暗めの色に1、
色明るめの色のアイテムを足すとバランスが良く見えます。

よくコーディネートを組む上で「差し色を意識しよう」と言った言葉が使われます。
差し色とはファッションをよりオシャレに際立たせる為に必要なスパイスのようなものです。
先ほどの例ですと黒スキニーと白シャツだけでは堅苦しい感じがしますが、
赤い腕時計をプラスする事でカジュアルな印象を持たせる事ができるのです。

ポイント2:ファッション誌をあてにしすぎない

お洒落を研究しようとメンズファッション誌を買って勉強しようとする人がいます。
これは非常に有効な手段なのですが、
掲載されているファッションをそのまま真似すると痛い目にあう事があります。

というのも、
メンズファッション誌の中にはあえて奇抜なファッションを取り入れている場合も多々あるからです。

確かに上級者から見ればオシャレかもしれませんが、
それはあくまでモデルがやるから様になるのであって、
我々一般人が真似すると奇抜、細作の場合ダサいファッションになってしまいます。

なのであくまで参考程度に捉えておきましょう。

ポイント3:柄物は1アイテムに絞る

トップスでもパンツでも何でもそうですが、基本的には無地のものを選びましょう。

しかしそれでは物足りないという事であれば、
古着屋の柄シャツなどに手を出してみるのもアリかと思われます。
その際に注意してもらいたいのは、柄物は1アイテムまでに抑えるという事です。

柄物はただでさえ主張が激しいので、
シャツもパンツもアウターも柄物になると目がチカチカしてしまいます。
料理で例えると、メニューの全てが肉で、野菜もデザートも何もないと言った感じですね。

おわりに

いかがだったでしょうか?

オシャレは基本的に自分が楽しめればそれで問題ないのですが、
せっかくなら周囲から褒められたり、好感を持たれたいですよね。

今回ご紹介したポイントを守れば外れたファッションになることはないでしょう。
特にポイント1はコーディネートを考える上で基本中の基本になりますので覚えておくと今後のコーデが楽になります。

もちろんこれらのポイントを必ず守らなければいけないというわけではありません。
中には今回のポイントを無視したファッションでもカッコよく万人受けするものもあります。
あくまで外れたファッションにならないためのポイントですので、
センスが磨かれたと感じたら自分なりのコーデを開拓していくのも良いと思います。