「自分なんかモテるはずがない」
「周囲の人はキラキラ輝いて見えるのに自分は劣っているように見える」

そんな劣等感に悩む人は大抵まず中身を磨こうとします。
それはとても素敵なことですが、その努力はいずれ限界がきます。
まずは手っ取り早く自分に自信が持てるように、外見を磨くことを意識しましょう。

ここでは劣等感に悩む人がまず見た目を変えるべき理由を3つご紹介します。

理由1:内面にも影響を与えてくれる

「大切なのは見た目より中身だ」と巷ではよく言われていますが、
その反対で「身だしなみ乱れは心の乱れ」という言葉もあります。
外見を整えることは内面にも必ず良い影響を与えてくれます。
なのでまずは見た目を変えることが劣等感を克服することに繋がるのです。

特に「周囲からどう思われているのかが気になる」という部分に劣等感の根源がある人は、
服装や身だしなみを変えるだけでも堂々と人前で振る舞えるようになったりします。

結果としてそれは精神的な余裕をもたらし、
異性からもモテやすくなるという素晴らしいおまけまで付いてきます。

理由2:周囲の人々の対応が変わる

外見を変えると想像以上に初対面の人があなたに接する態度が変わります。
「人は見た目が9割」という本が一時期流行しましたが、
人は人間関係において、特に初対面時においては相手の見た目でどんな人物かを判断するしかありません。

学校内で初めて会った人、
バイト先の仲間、
レジの店員さん…。
あらゆるシチュエーションでいわゆる外見が整っている人は優遇されてしまいます。
ちょっと残酷な話かもしれませんが、これが現実です。
この外見というのは、何もイケメンであるかどうかという話ではありません。

髭の剃り残しがないかとか、
シャツはヨレヨレじゃないかとか、
肌はニキビだらけじゃないかとか、
そういったところです。

人は身だしなみを整えるだけで驚くほど印象が変わります。
清潔感のある人は誰からも好かれやすいので、
周囲の人々から優しい対応をされればあなたの中の劣等感も次第に薄まっていくでしょう。

理由3:おしゃれの楽しさがわかる

見た目を変えるというのは、いわゆる自分磨きの一種です。
自分磨きをしていく上でファッションの知識や、自分と向き合う時間が増えるはずです。

そうすると今まで気づかなかった自分の魅力に気づいたり、
自分磨きをすること自体に楽しさを見出せるようになってきます。
ここまできたら自然とカッコいいor可愛い人に少しずつ近づいていけるはずですので、
劣等感を感じる暇すらなくなってくるでしょう。

おわりに

真面目な性格の人ほど、人生がうまくいかない理由を自分の内面のせいにします。
そのような謙虚な姿勢は良いことですが、
時として自分自身を否定し自尊心を傷つける結果にも繋がりかねません。

何でこんなにもに人生がうまくいかないのだろうと悩んだ時、
実は外見をちょっと磨くだけで解決したりするものです。
灯台下暗しとはよく言ったもので、原因は意外と簡単に解決できるものです。

人間関係がスムーズに運べば、自己評価が上がり余裕を持つことができ、
恋愛面や仕事面でも好ましい結果を残すことができるでしょう。
そのようなストレスフリーな生活が続けば周囲の人間に気配りできる余裕も生まれ
信頼を勝ち取ることができ…とメリットしかありません。

是非とも外見を磨くことの素晴らしさを知ってください。
難しいことをする必要はありません。
自分のできることから少しずつ始めていきましょう。